トップページ

New arrival

豌豆オフラインイベント「豌豆公主日食記」を北京で開催!!!

【中国越境ECニュース】2016年越境ECサービスベスト30

2017年越境EC業態特徴まとめ

通販ソリューション展にて当社代表・翁 永飆が特別講演!

今年も越境ECの山場到来!中国で最も有名な商戦日「独身の日」とは??

中国越境EC研究報告:中国の越境ECユーザーの特徴

  • 越境EC市場動向

2016年5月23日易観智庫が「中国越境EC研究報告」を発表されました。報告によると、2016年は越境ECが爆発的に発展する一年になると言われています。また、越境ECの普及率は毎年上がる一方で、2015年にはすでに20.2%に達し、EC全体の13%を占めています。

※易観智庫 中国大手インターネットリサーチ会社

市場構造から見ると、越境ECのトップスリーは、京東全球購、アマゾン海外購と唯品国際です。

易観智庫の報告から中国越境市場の特徴をまとめました。

1.越境ECの消費者のほとんどは、76―90年生まれです。普通のネット通販消費者より年齢層が高めで、高収入・高学歴のユーザーが多く、客単価も高めです。

2.越境ECのユーザーはモバイル端末を使うことが多く、越境ECの割を占めています。

3.越境ECの消費者は日本、韓国、欧米、オーストラリアのブランドを好んでいます。越境ECの経営者はどのブランドと連携するかにより、競争力に大きく影響が出ています。

4.商品種類からみると、越境ECの消費者の間では、美容系やスキンケア系の商品が一番人気です。また、ベビー用品への訴求も増えています。トップファイブの商品種類は、美容品、ベビー用品、栄養保健品、ベビー食品と女性向け洋服です。

5.年齢から見ると、80年代生まれの消費者が一番多く、次は90年代生まれのユーザーです。70年代生まれの消費者については、とても購買力が高いです。その中で、80年代生まれの消費者がベビー用品に一番興味を持ち、60年代生まれの消費者は健康食品に興味を示しています。美容系商品に一番興味があるのは70年代と90年代生まれの消費者です。

6.性別から見ると、80年代生まれの男性ユーザーは50%を占めています。同じ世代の女性ユーザーは45%です。もちろん90年代生まれの消費者も潜在的な消費力を持っています。

情報出典:http://www.analysys.cn/view/report/detail.html?columnId=8&articleId=1000011

■越境ECアプリ「豌豆公主」について

中国の20~30代の富裕層女性をターゲットに、食品・日用品だけでなく、ファッション・美容品等の良質な日本製商品を、最新のライフスタイル情報とともに提供する、”情報発信型”越境ECサービスです。
2015年8月のリリース以来、ユーザー数は80万、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源吉兆庵、uka、HACCI、 Lumielina等の10社以上の中国における独占販売代理権を有しております(2016年1月時点)。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや 美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたるジャンルの商品を取り揃えております。
2015年11月には中国大手ECプラットフォーム「京東」や「美麗説HIGO」と戦略的業務提携を締結し、『豌豆公主』以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができるようになりました。

アプリの詳しい紹介はこちら

資金調達のご報告

  • プレスリリース

中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull(ワンダフル) Platform(プラットフォーム)」を運営する、Inagora(インアゴーラ)株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区、以下当社)は、2016年2月17日(水)のシリーズAラウンドに続き、2016年5月25日(水)に、シリーズBラウンドの第三者割当増資を実施し、総額2,000万ドル(約24億円)を資金調達致しました。

新たな引受先として、株式会社MTG(エムティージー)(代表取締役:松下 剛 所在地:名古屋市中村区)、日本の大手総合商社、中国大手投資会社 真格(シンカク)基金(代表取締役:徐小平 所在地:北京)が本ラウンドに参加し、中国大手投資会社 Ventech China(ベンテックチャイナ)(代表取締役:Eric Heut、本社所在地:上海)は前回ラウンドに引き続き追加投資を実施しております。

中国では、収入レベルの上昇に伴い、生活の質に対して投資する「品質消費」時代にシフトし、訪日中国人の旅行スタイルは「爆買い」から「体験型旅行」へと変化しております。中産階級人口の増加に伴う消費構造の変化とインバウンド消費の減速が、中国越境EC市場の更なる成長を後押ししていると考えられ、その規模は日本のEC市場規模の約10倍にも及ぶと推定されます。現在中国では、景気減退懸念の高まりからVC資金は滞り、新興企業は冬の時代を迎えておりますが、日本の事業者と中国の消費者を結ぶB to B to Cの越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」の将来性、成長性を評価頂いた結果、3カ月間という短期間で2回目の大型資金調達を実施することが出来ました。

前回の資金調達は、主に越境ECプラットフォームの機能刷新をはじめ物流面での強化を目的としておりましたが、今回は中国におけるマーケティング強化を目的としております。中国で最も人気のある美容番組「我是大美人(ワタシハビジン)」をはじめとした現地TV番組とのタイアップや、上海伊勢丹での美容イベントに「Wonderfull Platform」で取り扱う日本製商品を展示したショールームを出店するなど、今後は「O2O型の中国向け越境ECサービス」を積極的に展開していく所存です。

現在「京東(ジンドン)」や「美麗説HIGO(ハイゴ)」等の中国大手ECサイトと提携しておりますが、今後、さらに提携サイトを増やしていく予定です。良質な日本製商品を提供し続けることで、日中間No.1の越境ECプラットフォームとなることを目指しております。

資金調達 概要

調達金額: 1000万ドル(約12億円)
調達方法: 第三者割当増資
出資元: 株式会社MTG(エムティージー)、大手総合商社、Ventech(ベンテック)China(チャイナ)、真格(シンカク)基金

資金調達 目的

・中国におけるマーケティング強化、O2O型の越境ECサービスの推進
・商品仕入れ及び、出店サプライヤールートの開拓
・採用強化

”情報発信型”越境ECサービス「豌豆公主(ワンドウ)」について

中国の20~30代の富裕層の女性をターゲットに、食品・日用品だけでなく、ファッション・美容品等の良質な日本製商品を、最新のライフスタイル情報とともに提供する、”情報発信型”越境ECサービスです。2015年8月のリリース以来、ユーザー数は100万以上、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源吉兆庵、HACCI、Lumielina等と中国における販売代理権を有し、急成長しております。(2016年4月時点)。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたったジャンルの商品を取り揃えております。2015年11月には中国大手ECプラットフォーム「京東(ジンドン)」や「美麗説HIGO(ハイゴ)」と戦略的業務提携を締結し、「豌豆公主(ワンドウ)」以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができるようになりました。2016年4月からは、日本製商品の特徴を知らない中国ユーザーのために、記事や動画コンテンツだけでなくユーザー参加型のソーシャル機能を追加致しました。PGC(※1) +UGC(※2)を組み合わせた情報展開スキームを実現することで、ブランドストーリーや商品特徴に特化した情報を中国ユーザーに提供しております。

※1:編集部によるトピックス=企業HPやブランド紹介ページ、編集部制作の記事・動画コンテンツ等
※2:ユーザーによるコメント=ユーザー口コミ情報、サンプリング結果等

2016年5月8日、中国最も人気のある美容番組「辣妈学院(スーパーママ学院)」に取締役の山本美奈子が出演致しました。

2016年5月9日~15日、上海の伊勢丹「上海梅龍鎮伊勢丹」にて、都会部の富裕層・OLをターゲットに、中国のKOLを招致した美容イベントが開催されました。当社は「Wonderfull Platform」で取り扱いのある日本製美容商品を展示したブースを出店致しました。

越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」

日本の事業者と中国の消費者を結ぶB to B to Cの越境ECプラットフォームです。当社運営チームが、翻訳、物流、決済、マーケティング、顧客対応などの全作業を代行するため、日本の事業者は日本の倉庫に商品を発送するだけで、巨大な中国市場に進出することができます。また、日本の事業者と中国ユーザー双方の様々な需要を柔軟に汲みとるために、「出店」「仕入れ」「独占販売」全ての形態を採用している点も特徴です。

6つの特長

1,日本初の一気通貫した越境ECプラットフォーム
日本のみならず中国現地ネットワークも有するため、商品登録から中国ユーザーへ商品を届けるまでの一連の作業を1つのプラットフォーム上で実現できます。

2, 海外進出時に伴う全作業(物流、決済、マーケティング等)をワンストップでサポート
中国人の当社運営チームが、商品情報の翻訳、物流、決済やマーケティング業務等の海外進出時に伴う一連の作業を代行するため、日本の事業者は、日本語の管理画面で商品情報を登録し、日本の倉庫に納品するだけで、出店することができます。

3,「出店」「仕入れ」「独占契約」の3つの形式を採用
越境EC大手企業は「出店」という形式を、その他越境EC企業は、出店者から商品を仕入れて販売する「仕入れ」方法を採用する中、Wonderfull Platformでは「出店」「仕入れ」「独占契約」という3つの形式を採用しております。日本の事業者と中国ユーザー双方の様々な需要を柔軟に汲みとる体制を整えております。

4,記事や動画コンテンツを通じた “情報発信型” 越境ECサービス
他の越境ECサービスとは異なり、KOL(ライフスタイル提案型ショッピングアプリ「WONDERFULL」※で活躍している方々)や雑誌編集者を集め、編集部を設立し、記事や動画コンテンツを制作しております。ブランドイメージや詳細な商品情報、具体的な使用方法などを、最新ライフスタイル情報とともに発信しております。記事や動画コンテンツだけでなく、ユーザー参加型のソーシャル機能も追加することで、PGC+UGCを組み合わせた情報展開スキームが可能となりました。ブランド事業者目線の情報(企業HPやブランド紹介ページ、編集部制作の記事・動画コンテンツ等)とユーザー目線の情報(ユーザー口コミ情報、サンプリング結果等)を提供することで、中国国内での商品認知度、購入率を高めます。
※URL:http://wonderfull.jp/

5,中国大手物流会社と連携した、インアゴーラ独自の物流システム
日本では平和島にある物流センター、中国では保税区内に当社運営の物流倉庫を有しており、日中両国で物流倉庫を運営しております。さらに、中国大手物流会社と連携し中国国内の流通ルートを複数有しているため、様々な商品を低価格でかつ迅速に届けることができます。

 6, 中国大手ECプラットフォーム「京東(ジンドン)」や「美麗説HIGO(ハイゴ)」等のユーザーへ訴求可能
2015年11月に、中国大手ECプラットフォーム「京東(ジンドン)」や「美麗説HIGO(ハイゴ)」と戦略的業務提携を締結致しました。「京東(ジンドン)」は、中国のECモールで第2位の規模を持つ直販型ネット通販会社です。2015年6月に、日本製品専門サイト「日本館」をオープンし、日本企業の誘致に力を入れております。「美麗説HIGO(ハイゴ)」は、20〜30代の若い中国人女性に圧倒的な支持を得ており、2015年の月間売上が10億円を達成するほど、人気のアプリです。日本の事業者は、他の中国大手越境ECサービスと比較し、より安価でかつ敏速に商品を提供することができるだけでなく、「豌豆公主(ワンドウ)」以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができます。今後は、中国国内の提携サイトを順次増やしていく予定です。

弊社Inagora株式会社は、キングソフト株式会社 代表取締役会長 翁永飆と、美容家でありMNC New York株式会社 代表 山本未奈子により、2014年12月に設立されました。「ショッピングに国境はない。」という考えのもと、良質な日本製商品をライフスタイル情報とともに提供できる、中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を構築しております。「言葉の壁」「物流問題」「決済問題」という3つの課題全てを解決できるワンストッププラットフォームを通じて、ブランドストーリーや口コミによるユーザー評価、商品の使い方やライフスタイル提案等の「情報」とともに「モノ」を越境させ、中国人ユーザーに良質な日本製商品を提供し続けて参ります。

■越境ECアプリ「豌豆公主」について

中国の20~30代の富裕層女性をターゲットに、食品・日用品だけでなく、ファッション・美容品等の良質な日本製商品を、最新のライフスタイル情報とともに提供する、”情報発信型”越境ECサービスです。
2015年8月のリリース以来、ユーザー数は80万、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源吉兆庵、uka、HACCI、 Lumielina等の10社以上の中国における独占販売代理権を有しております(2016年1月時点)。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや 美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたるジャンルの商品を取り揃えております。
2015年11月には中国大手ECプラットフォーム「京東」や「美麗説HIGO」と戦略的業務提携を締結し、『豌豆公主』以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができるようになりました。

アプリの詳しい紹介はこちら

【豌豆公主(ワンドゥ)中国向け越境EC】上海伊勢丹オフラインイベントを開催!

  • 碗豆公主

中国向け越境ECアプリ 豌豆公主(ワンドゥ)が5月9日〜5月15日に上海の伊勢丹百貨店にオフラインイベントを開催しました。

今回のオフラインイベントの目的は、豌豆公主(ワンドゥ)及び販売している商品のブランドの知名度を向上することです。中国での知名度が高い8名のKOLさん(リーチ数150万人)を招いて、トークショーを行いました。また、各商品の使用方法と効果のレクチャーも行いました。オフラインイベントへの出展商品はMTG(PAO・LIPLU・CAXAUP)、LUMIELINAになります。中国現地のファッションメディアとポータルサイトメディアを、合わせて22社も招き、大成功を収めました。

招待メディア(一部)

中国有名KOLを招待

中国主要SNS Weiboアカウント数 1w=1万

イベント概要

事前アプローチ

■ワンドゥホームページでのイベント告知

■ワンドゥ公式SNSでのイベント告知

■上海伊勢丹公式SNSでのイベント告知

■中国KOLよりイベント事前告知を拡散

■ワンドゥアプリ内特集ページ

■ワンドゥアプリ内のSNS機能でトピックスを立ち上げ、ユーザーの投稿を促進

実際のオフラインイベントの様子

■展示風景

■展示場にKOLとメディアを招き、美容教室を実施。商品を詳しく紹介。

■イベントはオンラインで同時中継

■イベントに参加していただいたKOLから、SNSで情報を拡散

今後ワンドゥはアプリでのオンライン販売以外にも、販売商品のブランドの知名度を向上するために、上記のような中国でのオフラインイベントを続々開催する予定です。

■「豌豆公主」について

中国の20~30代の富裕層女性をターゲットに、食品・日用品だけでなく、ファッション・美容品等の良質な日本製商品を、最新のライフスタイル情報とともに提供する、”情報発信型”越境ECサービスです。
2015年8月のリリース以来、ユーザー数は80万、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源吉兆庵、uka、HACCI、 Lumielina等の10社以上の中国における独占販売代理権を有しております(2016年1月時点)。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや 美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたるジャンルの商品を取り揃えております。
2015年11月には中国大手ECプラットフォーム「京東」や「美麗説HIGO」と戦略的業務提携を締結し、『豌豆公主』以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができるようになりました。

中国大人気おしゃれママ番組「SUPER MOM COLLEGE」(中国語番組名:辣妈学院)に「ワンドゥ」の独占販売ブランドが取上げられました!

  • 碗豆公主

5月8日に中国の大人気親子番組「SUPER MOM COLLEGE」(中国語番組名:辣妈学院)にて、ワンドゥで独占販売しているブランドの商品が取上げられ、放送されました。

「SUPER MOM COLLEGE」(中国語番組名:辣妈学院)は中国国内で大人気のおしゃれママのための番組です。中国全土のママさんに、美容・コスメ・健康・ダイエット・子供の教育など、ママさんが関心を持っている情報、ライフスタイルを伝える番組です。中国の有名なママさんタレントも多く出演しています。

今回の番組は童顔ママを探す旅というコンセプトで、上海・杭州・東京の童顔ママを紹介。

童顔ママたちの日常の愛用品として、ワンドゥが独占販売しているブランドの「LUMIELINA」「HACCI」「Simplisse」が取上げられ、紹介されました。

LUMIELINA

中国のゲストが、実際に東京でLUMIELINAを使用している人気の美容室に訪問し、体験。番組内のスタジオでも、中国の人気スタイリストが使い方を実演し、商品の魅力をアピールしました。

HACCI

HACCIのオフィス、デパートの売り場に訪問し、商品を体験していただきました。

Simplisse

日本を代表する美容家、Simplisseの開発者・山本未奈子さんの自宅を訪問し、美容家のスキンケア・ライフスタイルに関するこだわりをインタビューし、番組内のスタジオでもSimplisseの商品特徴と使い方を紹介していただきました。

ワンドゥに出店していただいた各ブランドについては、ワンドゥでの越境ECの露出販売はもちろん、中国国内のオンライン販売提携先での露出に加え、中国の人気番組・デパートでの露出・販売イベントも今後展開する予定で、中国での販路拡大をサポートしていきます。

■「豌豆公主」について

中国の20~30代の富裕層女性をターゲットに、食品・日用品だけでなく、ファッション・美容品等の良質な日本製商品を、最新のライフスタイル情報とともに提供する、”情報発信型”越境ECサービスです。
2015年8月のリリース以来、ユーザー数は80万、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源吉兆庵、uka、HACCI、 Lumielina等の10社以上の中国における独占販売代理権を有しております(2016年1月時点)。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや 美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたるジャンルの商品を取り揃えております。
2015年11月には中国大手ECプラットフォーム「京東」や「美麗説HIGO」と戦略的業務提携を締結し、『豌豆公主』以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができるようになりました。

中国で始まった越境ECの新税収制度。日本企業への影響は?

  • 中国越境ECノウハウ

中国の財政部は越境ECに関する税制度改革を断行し、4月8日から新たな制度をスタートしました。制度改革の中身は、中国の消費者が越境ECサイトで商品を購入した場合、しっかり税金を徴収することを宣言したものです。商品によっては実質増税になったり、減税になるケースがあります。

新制度には、中国政府自身が越境ECという新たなビジネスを活用し、税関の検閲がきちんと届く範囲内で暫定的に海外商品を国内に流通させる仕組みを提供するという側面があります。つまり、中国政府が「越境ECに力を入れていきます」と宣言したと前向きに捉えるべきです。4月8日から始まった中国越境ECの税制度を解説します。

越境EC税制変更の6ポイント

1.1度の購入金額上限は2000元までに引き上げる(現状は1000元)
2.1人の年間購入金額の上限は2万元(現状通り)
3.購入金額の上限以下の購入商品に関し関税率は0%にする。ただし、上限金額を超える場合は、一般貿易と同じ税率を適用する
4.輸入に関する増値税を30%減額し、全てに適用(増値税17%×70%=11.9%)
5.消費税がかかる場合(商品によっては消費税がかかるケースがある)、30%減額で適用する(消費税30%の商品の場合、30%×70%=21%)
6.行郵税を廃止し、現状の個人輸入関税50元までの免税措置を廃止

新制度を理解するために現状の運用状況を説明します。

「行郵税」「増値税」……主に中国では物販(海外からの輸入)において下記の税金が発生します。

税の種類 内容
関税 中国に輸入される商品に対して中国政府より課せられる税金。いわゆる一般的な関税です。
増値税 流通段階で商品に対して課税される税金です。日本でいう消費税に当たるものになります。増値税は基本税率が17%となっています。(生活インフラの穀物、食用油等の特定の品目への増値税には低減税率13%が適用されます。)
消費税 特定の嗜好品や贅沢品に対して、工場出荷時か輸入時に課税される税金です。品目によって3%~45%が課税されます。ちなみに、越境ECなどで売れ筋のカテゴリである化粧品は30%の消費税がかかります。日本の酒税などに類似する、一部の「贅沢品」だけにかかる特別税です。
行郵税 個人携帯輸入物品(個人が海外から買ってきたもの)や個人輸入郵送品(個人輸入したもの)に対して課税される税金です。商品ジャンルにより10%~50%が課税されます。今の越境ECではこの行郵税が課税の基本となっています。

越境ECの新たな制度は実質的に増税?減税?

「行郵税」が廃止され、免税範囲がなくなることが大きな変更点となります。

「行郵税」率が20%のアパレル、ファッション、電化製品など ⇒ 250元以上の商品(直近レートで約4300円以上の商品)は実質減税

「行郵税」率の高い(50%)の化粧品類  ⇒ 100元以上の商品(直近レートで約1700円以上の商品)は実質減税

たとえば、従来制度では「行郵税」が適用されない課税金額50元以下の取引について、改正後は値上げとなる可能性が高いでしょう。個人輸入関税50元までの免税措置が廃止され、その分、他の「関税」「増値税」などが適用されます。

一方、上述したアパレルやファッション、化粧品類などは実質減税となります。高額品は納税額が減りますので、中国からの購入が増える可能性がありますね。

中国政府(税関)は、直送による税金逃れを防ぐための解決策として、保税区など越境ECスキームにおける各制度を施行してきました。その仕組みの認知度が上がり、利用企業も拡大。インフラとして完全に定着したこのタイミングで、もともと志向をしていた「海外からの越境ECに対しての全課税」という目的を実行したと思われます。

「行郵税」免税制度(個人輸入関税50元までの免税措置)に関しては、国からの一次的な施策であったため、いずれは全てに課税することになると当初から想定されていました。ただ、導入当初は、その認知度向上と利用率の向上のために、免税制度(行郵税50元以下免税)を提供していた訳です。

あくまで、中国政府の越境ECにおける制度は、「課税を免れる直送モデルおよび、中国で巨大な市場(流通量)となっている代理購入(代購)の排除」であるという立場から考えると、今回の制度によって、今後、直送モデルや保税方式が越境ECの主流から外れることはないと考えられます。

中国は一般貿易における検閲制度・申請制度が大変厳しいことで有名です。この正規通関での海外からの商品流入に対しての検閲・審査基準を下げるのではなく、回避策として、中国政府自身が越境ECという新たなビジネスを活用して、税関の検閲がきちんと届く範囲内で暫定的に海外商品を国内に流通させる仕組みを提供するという側面があります。今後、中国への商品販売の拡大をめざす日本企業は、こうした仕組や中国政府の目的を把握しておく必要があります。

転載:https://netshop.impress.co.jp/node/2808

■「豌豆公主」について

中国の20~30代の富裕層女性をターゲットに、食品・日用品だけでなく、ファッション・美容品等の良質な日本製商品を、最新のライフスタイル情報とともに提供する、”情報発信型”越境ECサービスです。
2015年8月のリリース以来、ユーザー数は80万、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源吉兆庵、uka、HACCI、 Lumielina等の10社以上の中国における独占販売代理権を有しております(2016年1月時点)。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや 美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたるジャンルの商品を取り揃えております。
2015年11月には中国大手ECプラットフォーム「京東」や「美麗説HIGO」と戦略的業務提携を締結し、『豌豆公主』以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができるようになりました。

【豌豆公主(ワンドウ)中国向け越境EC】「宗家 源 吉兆庵」の進出支援事例を紹介!中国越境ECの進出課題、ノウハウ、出店後の手応えを大公開します!

  • 中国越境ECノウハウ

中国のネット通販市場の規模は、今年100兆円を超える見込みです。国境を越えて海外製品を輸入できる越境EC市場も急成長しています。ただし、中国市場の進出には物流、情報、決済など様々な課題があり、今回は豌豆公主(ワンドウ)の出店を通じて、これらの課題をクリアした岡山県発祥の和菓子メーカー「株式会社 宗家 源 吉兆庵」の進出事例を紹介します。

「宗家 源 吉兆庵」は1947年(昭和22年)に創業した老舗。事業内容は主に和菓子の製造と販売です。

日本国内に4つの製造工場を持ち、国内に約135店舗、海外に約23店舗を展開しています。

下記インタビュー内容です。

株式会社源 吉兆庵 常務取締役 岡田晃佳

1. 豌豆公主(ワンドウ)越境ECへの出店理由について教えてください。また、いつ頃から検討されましたか。

東日本大震災が起きる前までは、上海地区3店舗と蘇州に1店舗、計4店舗の運営を行っておりましたが、その後、震災によって商品の輸入規制が入り始めました。弊社が店を再開するまでに8ヶ月という期間を要し、日本からすべての商品を輸入している関係上、4店舗あった店舗が1店舗となりました。

震災以前は輸入時に証明書などの書類を求められることはありましたが、その他には大きな問題は抱えておりませんでした。しかし、震災後は商品の通関に1ヵ月半ほどの時間が必要となり、日本の季節や歳時記を軸に商品を構成しております弊社にとって、商品の到着が遅れることは致命的であり、運営を断念せざるを得ない状況になりました。

今回、Inagora株式会社の翁社長よりECビジネスのお話を伺い、中国市場の可能性を再認識し、再度中国での販売網拡大にチャレンジしたいと考えております。

2. 公主豌豆(ワンドウ)越境ECの出店後の手応えについて。

ECビジネスにおきましては、中国の経済が大きく動く旧正月(春節)商戦前の1月中旬にスタート致しましたので、我々としても中国ビジネスを再開させる良い機会を頂きましたことに感謝しております。

販売数も好調に伸びており、なにより「宗家 源 吉兆庵」の商品コンセプトは日本の歳時記に合わせたシーズンの果物を使用して季節限定の和菓子をお客様に提供することです。これからはそういう商品も物流と輸入の心配が必要なく、短期間で中国のお客様の手元に届けるのと、且つ個人並行輸入に準ずる制度のため、原材料の産地証明などの通関手続きも大幅に軽減されました。

出店側の企業にとっては非常に簡単に、そしてスムーズに出荷できます。豌豆公主(ワンドウ)にサポートしてもらい、今後の中国向けビジネスの拡大において、もっと力を入れていきたいと考えております。

3. 再度店舗での展開とECビジネスとのシナジーはどうですか。

店舗運営につきましては、以前の出店経験より言語の問題と輸出入の難しさを痛感しております。また、時代とともにお客様のニーズも日々変化しておりますので、弊社もそのニーズに合わせてビジネス展開をしていかなければならないと考えております。

現段階では、直営店でのショップ運営ではなく、中国の総代理権を委託し、運営しようと考えております。

中国向けのECについては豌豆公主(ワンドウ)での展開を頑張って行きたいと思います。

■「豌豆公主」について

中国の20~30代の富裕層女性をターゲットに、食品・日用品だけでなく、ファッション・美容品等の良質な日本製商品を、最新のライフスタイル情報とともに提供する、”情報発信型”越境ECサービスです。
2015年8月のリリース以来、ユーザー数は80万、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源吉兆庵、uka、HACCI、 Lumielina等の10社以上の中国における独占販売代理権を有しております(2016年1月時点)。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや 美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたるジャンルの商品を取り揃えております。
2015年11月には中国大手ECプラットフォーム「京東」や「美麗説HIGO」と戦略的業務提携を締結し、『豌豆公主』以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができるようになりました。

中国では今何が流行っている?? 中国向け越境ECサービス「豌豆公主」(ワンドウ)が中国の人気アプリ&メディア22社と業務提携!

  • 碗豆公主

Inagora株式会社の「豌豆公主」(ワンドウ)中国向け越境ECサービスが中国での各分野において人気なアプリ&メディア、計22社と業務提携することになりました。

中国向け越境ECの販路拡大と、よりピンポイントなプロモーションを目的に、中国の食品・コスメ(スキンケア)・マタニティなどの中国国内知名度が高いアプリと提携。「豌豆公主」(ワンドウ)の商品とサービスを露出することになりました。

提携先一部

我是大美人(わたしは美人)

有名美容番組、美に憧れる若い女性に世界中のトレンド情報を提供。メイクアップ、ファッション、生活スタイルを提案発信する番組。アプリ、ECなど幅広く展開。

  • ■テレビ番組露出
  • ■KOLより紹介
  • ■テレビショッピング番組提携
  • ターゲット:20~30代女性

辣妈学院(スーパーママ学院)

有名ママ向け番組、美に憧れる若い世代のママに、ママが関心を持っている生活トレンド全般情報を提供。アプリ、ECなど幅広く展開。

  • ■テレビ番組露出
  • ■KOLより紹介
  • ■テレビショッピング番組提携
  • ターゲット:20~30代女性

小红唇(レッドリップ)

メイクアップ、スタイリング情報を届ける動画ソーシャルネットワーク、メイン利用者は90年代生まれの若者です。世界中のおしゃれKOLさんが動画を通じて、トレンド情報を提案、シェアする。

  • ■KOLより紹介
  • ■販促提携
  • ターゲット:20~30代女性

粉星美妆(ピンクメイクアップ)

90年代生まれの世代向けに最も人気なメイクアップソーシャルメディア。メイクアップの達人が簡単ですぐ真似できる、さまざまなメイクを教えてくれる。。

  • ■コンテンツ提携
  • ターゲット:20~30代女性

橘子娱乐(オレンジエンターテインメント)

90年代生まれの世代で最もポピュラーなニュースメデイア。各種エンターテインメントニュースを配信。メイクアップトレンド情報、グルメ情報も配信。

  • ■コンテンツ提携
  • ターゲット:20~30代女性

悦食中国(チャイナグルメ)

中国で最もプロフェッショナルなグルメプラットフォーム、ソーシャルメディア、Eコマース。世界中の食文化、食スタイル、食材を紹介する。ネット以外、紙媒体の雑誌もある。

  • ■コンテンツ提携
  • ■販売提携
  • ターゲット:高品質を追求する富裕層

吃货俱乐部(食いしんぼクラブ)

中国で最も人気な旅行グルメオンライン番組。有名なリポーターさんより世界中の旅、現地のグルメ情報を紹介する。日本のグルメ情報もよく取上げられている。

  • ■コンテンツ提携
  • ターゲット:20~30代、海外好きの方

格格家(プリンスの家)

中国で最も有名なお菓子販売サイト。中国国内で入手できない海外輸入食品と中国国内のスベシャルなお土産がメイン。利用ユーザー90%以上は女性。

  • ■販売提携
  • ターゲット:20~30代

蜜芽(mia)

中国で最も人気の親子専門越境ECサイト。海外専門のマタニティグッズ、赤ちゃんグッズ、ベビー服、ベビー食品がメイン。

  • ■販売提携
  • ターゲット:20~30代

棒棒糖

子供ファッションアプリ、写真投稿とECを統合するサービス。子供グッズ、服を写真投稿の形でユーザーにシェアができ、気に入った商品を直接購入もできる。

  • ■販売提携
  • ターゲット:20~30代

■「豌豆公主」について

中国の20~30代の富裕層女性をターゲットに、食品・日用品だけでなく、ファッション・美容品等の良質な日本製商品を、最新のライフスタイル情報とともに提供する、”情報発信型”越境ECサービスです。
2015年8月のリリース以来、ユーザー数は80万、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源吉兆庵、uka、HACCI、 Lumielina等の10社以上の中国における独占販売代理権を有しております(2016年1月時点)。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや 美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたるジャンルの商品を取り揃えております。
2015年11月には中国大手ECプラットフォーム「京東」や「美麗説HIGO」と戦略的業務提携を締結し、『豌豆公主』以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができるようになりました。

日経ビジネスに掲載されました! 「豌豆公主」(ワンドウ)に出店している日本事業者の中国向け越境EC事例が紹介されました。

  • プレスリリース

Inagora株式会社の「豌豆公主」(ワンドウ)中国向け越境ECサービスが2016年3月21日に発行される日経ビジネス「中国にはネットで売れ」に掲載されました。 今回は中国向け独占販売代理をしているブランド「源吉兆庵」の事例が取り上げられ、中国進出の課題とそれに対する弊社の中国越境ECのサポート内容について紹介していただきました。

出典 日経ビジネス http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/NBD/15/special/031500264/?ST=pc

越境ECの中国消費者の方が「豌豆公主」(ワンドウ)を利用して、日用品からラグジュアリー商品まで日本ブランドの商品を購入。お客様本人曰く「食料の買い物以外、ほとんど中国のスーパーに行かずにすんだ。」とのこと。週に1回のペースで「豌豆公主」(ワンドウ)で購入した商品が日本の東京から中国の上海の自宅まで直送されます。 中国の越境EC市場規模が100兆円とも言われています。中国消費者の「メイド・イン・ジャパン」人気は高く、最近日本でニュースになっている中国人観光客が日本での“爆買い”が近いうちに形が変わり、“越境ECの爆買い”になる日がくるかもしれません。

中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を運営するInagora株式会社、1,000万ドル(約12億円)を資金調達

  • プレスリリース
中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform(ワンダフルプラットフォーム)」を運営する、Inagora株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区赤坂、以下「インアゴーラ」)は、2016年2月17日(水)、中国大手投資会社Ventech China(ベンテックチャイナ)(本社所在地:上海、代表取締役:Eric Heut)と韬蕴(タオウン)資本(本社所在地:北京市、代表取締役:温暁東)及び、日本国内大手企業よりシリーズAラウンドの第三者割当増資を実施し、 1,000万ドル(約12億円)を資金調達致しました。
「Wonderfull Platform」は、日本の事業者と中国の消費者を直接結ぶB to B to Cの越境ECプラットフォームです。インアゴーラの運営チームが、翻訳、物流、決済、マーケティング、顧客対応などの全作業を代行するため、日本の事業者 は日本の倉庫に商品を発送するだけで、巨大な中国市場に進出することができます。また、日本の事業者と中国人ユーザー双方の様々な需要を柔軟に汲みとるた めに、「出店」「仕入れ」「独占販売」全ての形態を採用している点も特徴です。 本プラットフォームの自社アプリである「豌豆公主(ワンドウ)」は、良質な日本製商品を最新のライフスタイル情報と併せて中国ユーザーに提供する、“情 報発信型” 越境ECサービスです。2015年8月のリリース後わずか4ヶ月という短期間で、ユーザー数80万、取扱商品数3000SKU、1日の最高注文数は 5000件を突破するほど、中国電子取引市場でのシェアを伸ばしております。また、花畑牧場や源吉兆庵、uka、HACCI、Lumielina等の有名 企業10社以上と中国独占販売で業務提携を締結し、急成長しております。 “モノ”だけではなく、日本のライフスタイル“情報”を越境させ、中国人ユーザーに日本製商品を提供している点が特徴です。 今回の資金調達により、日本では、国内大手企業と連携しながらサプライヤーと関係を深め、出店社数を拡大させ、物流拠点を倍にし、中国では、中国大手 ECプラットフォームである聚美优品(ジュメイユウピン)、寺库(シク)等に投資するVentech Chinaと、楽視(ラクシ)(letv.com) をはじめ新規メディアに投資する韬蕴資本と連携しながら、越境ECプラットフォームのソーシャル機能の強化や新規ユーザーの獲得を押し進め、コンテンツ発 信機能強化に向けた編集スタッフを増員し、中国でのマーケティングを強化致します。インアゴーラは、自社運営の「豌豆公主」以外に、すでに「京東(ジンド ン)」や「美麗説HIGO(ビレイセツハイゴ)」等の中国大手ECサイトと提携しておりますが、今後、さらに中国国内の提携サイトを増やしていく予定で す。良質な日本製商品を提供し続けることで、日中間No.1の越境ECプラットフォームとなることを目指しております。 ■資金調達 概要 ・調達金額            :1000万ドル(約12億円) ・調達方法            :第三者割当増資 ・出資元             :Ventech China、韬蕴資本、等 ■資金調達 目的 ・商品の仕入れ、出店サプライヤールート及び物流拠点の開拓 ・中国国内でのマーケティング強化 ・ソーシャル機能を始めとした越境ECプラットフォーム機能の強化 ■調達資金 使途 ・中国での集客のためのマーケティング費、広告宣伝費 「Wonderfull Platform」の認知向上と新規ユーザー獲得のため、広告宣伝費を投下する予定です。 美容・ファッションに関連する女性向けのテレビ番組や女性KOLとのタイアップ、女性向けオンライン動画サイト・アプリへ広告出稿を行います。また日本に関心の高い中国人女性をターゲットに、日本に関する旅行情報サイト・アプリ上などでマーケティング施策を講じます。 ・物流拠点の拡張に伴う設備投資 現在平和島にある物流センターを大幅に拡張し、設備投資を行い、出荷効率を大幅に引き上げます。 ・日本企業の出店サポートシステム・体制に対する投資 システム開発エンジニアと日本企業の中国出店対応を行う越境ECコンサルタントを増員する予定です。 ■「豌豆公主」について 中国の20~30代の富裕層の女性をターゲットに、食品・日用品だけでなく、ファッション・美容品等の良質な日本製商品を、最新のライフスタイル情報とともに提供する、”情報発信型”越境ECサービスです。 2015年8月のリリース以来、ユーザー数は80万、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源吉兆庵、uka、HACCI、 Lumielina等の10社以上の中国における独占代理権を有しております(2016年1月時点)。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや 美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたったジャンルの商品を取り揃えております。 2015年11月には中国大手ECプラットフォーム「京東」や「美麗説HIGO」と戦略的業務提携を締結し、『豌豆公主』以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができるようになりました。 《Wonderfull Platform 6つの特長》 1,日本初の一気通貫した越境ECプラットフォーム 日本のみならず中国現地ネットワークも有するため、商品登録から中国人ユーザーへ商品を届けるまでの一連の作業を1つのプラットフォーム上で実現できます。 2, 海外進出時に伴う全作業(物流、決済、マーケティング等)をワンストップでサポート 中国人の運営チームが、商品情報の翻訳、物流、決済やマーケティング業務等の海外進出時に伴う一連の作業を代行するため、日本の事業者は、日本語の管理画面で商品情報を登録し、日本の倉庫に納品するだけで、出店することができます。 3,出店☓仕入れモデルの両方を採用 越境EC大手企業は「出店」という形式を、その他多くは、出店者から商品を仕入れて販売する「仕入れ」方法を採用する中、ワンドウは「出店」と「仕入れ」両方を採用しております。日本の事業者と中国人ユーザー双方の様々な需要を柔軟に汲みとる体制を整えております。 4,記事や動画コンテンツを通じた “情報発信型” 越境ECサービス 他の越境ECサービスとは異なり、KOL(ライフスタイル提案型ショッピングアプリ「WONDERFULL」で活躍している方々)や雑誌編集者を集め、編 集部を設立し、記事や動画コンテンツを制作しております。ブランドイメージや詳細な商品情報、具体的な使用方法などを、最新ライフスタイル情報とともに発 信しております。 記事や動画コンテンツだけでなく、ユーザー参加型のソーシャル機能も追加することで、PGC(※1) +UGC(※2)を組み合わせた情報展開スキームが可能となりました。ブランド事業者目線の情報(企業HPやブランド紹介ページ、編集部制作の記事・動画 コンテンツ等)とユーザー目線の情報(ユーザー口コミ情報、サンプリング結果等)を提供することで、中国国内での商品認知度、購入率を高めます。 (※1) Professionally GeneratedContent=事業者生成コンテンツ (※2)User GeneratedContents=ユーザー生成コンテンツ 5,中国大手物流会社と連携した、インアゴーラ独自の物流システム 日中両国で自社物流倉庫を運営しております。日本では平和島にある物流センター、中国では保税区内に自社運営の物流倉庫を有しております。さらに、中国大手物流会社と連携し中国国内の流通ルートを複数有しているため、様々な商品を低価格でかつ迅速に届けることができます。 6, 中国大手ECプラットフォーム「京東」や「美麗説HIGO」等のユーザーへ訴求可能 2015年11月に、中国大手ECプラットフォーム「京東」や「美麗説HIGO」と戦略的業務提携を締結致しました。「京東」は、中国のECモールで第2 位の規模を持つ直販型ネット通販会社です。2015年6月に、日本製品専門サイト「日本館」をオープンし、日本企業の誘致に力を入れております。「美麗説 HIGO」は、20〜30代の若い中国人女性に圧倒的な支持を得ており、2015年の月間売上が10億円を達成するほど、人気のアプリです。 日本の事業者は、他の中国大手越境ECサービスと比較し、より安価でかつ敏速に商品を提供することができるだけでなく、『豌豆公主』以外のユーザーに対し ても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができます。今後は、中国国内の提携サイトを順次増やしていく予定です。 ■Ventech China概要 ・正式名                :Ventech China ・本社所在地           :上海 ・代表取締役           :Eric Heut ・会社設立               : 2006年 Ventech Capitalは、1998年に設立され、フランス最大のVCの一つです。Ventech Chinaは、2006年に上海で設立され、近年は中国企業の 成長に影響を与えております。過去の投資先である、越境ECサイトの聚美优品、寺库、ゲームの51wan,メディアの橘子娱楽などは、いずれも業界で最も 影響力を持つ企業に成長しております。 ■韬蕴資本 概要 ・正式名                :韬蕴資本 ・本社所在地           :北京 ・資本金                :1.1億人民元 ・代表取締役           :温暁東 ・会社設立              :2014年5月 ■Inagora株式会社 概要 本社所在地            :東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ3F 会社設立               :2014年12月15日代表取締役        : 翁 永飆 URL                     :http://inagora.com/ Inagora株式会社は、キングソフト株式会社 代表取締役 翁永飆と、美容家でありMNC New York株式会社 代表 山本未奈子により、2014年12月に設立されました。「ショッピングに国境はない。」という考えのもと、良質な日本製商品をライフスタイル情報とともに 提供できる、中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を構築しております。「言葉の壁」「物流問題」「決済問題」という3つの課題全てを解決できるワンストッププラットフォームを通じて、 ブランドストーリーや口コミによるユーザー評価、商品の使い方やライフスタイル提案等の「情報」とともに「モノ」を越境させ、中国人ユーザーに良質な日本 製商品を提供し続けて参ります。

掲載実績

YOMIURI ONLINE様  

中国 越境ECの市場を徹底解析!越境EC専業企業だからわかる、これからの中国市場とその展望

  • 中国越境ECノウハウ

中国における越境ECの市場分析

世間はドル安で中国経済までも心配されていますが、中国向けの越境EC業界はまだまだ盛り上がりを見せています! 今回は、現在の中国向けの越境ECがどのような市場になっているのか中国通関総局 中国商務部中国EC研究中心発表とWONDERFULLPlatform独自の調査を合わせて徹底解析した情報をお届けします。

中国における越境ECの市場規模

越境EC市場規模
越境EC市場規模

2015年、中国輸入小売EC(to C)の市場規模は約300〜400億ドルで、2018年には1500億ドルに達する見込みとなっており、年間成長率(CAGR)は60%を超える見込みとなります。 また、観光ショッピングと海外購入代行の市場規模は約800-1000億ドルです。

中国における越境EC市場の加速化:全体

中国における越境EC市場の加速化
中国における越境EC市場の加速化

越境EC取引規模が増加、年間20%以上で成長

中国における越境EC市場の加速化:輸入市場

中国における越境EC市場の加速化:輸入市場
中国における越境EC市場の加速化:輸入市場

2014年の越境EC小売の取引規模は718億ドルで、全体的に33%が増加。そのうち、輸出額が512億ドル、輸入額が206億で、輸出額の半分まで上昇し、輸出と輸入の差が縮小

越境ECのユーザー属性及び需要

越境ECのユーザー属性及び需要
越境ECのユーザー属性及び需要

  1. 中国商務省のデータでは、2014年モバイルショッピングの取引規模は約1400億ドルで、230%が増加。2015年モバイルショッピングの交易規模は2800億ドルに達し、増加率は100%見込み
  2. 2014年モバイルショッピングの取引規模はEC交易総額(4300億ドル)の33%を占め、2015年に46%まで増加と予測される。
  3. 越境ECは2014年以後開始されたサービスが多く、モバイル端末での取引額の比率は50%以上となる。

越境ECのユーザー属性

  1. 年齢:25-35歳に集中(比率は60%以上)
  2. 分布:北京、上海、広州など大都市
  3. 学歴:大学以上、英語が得意とは限らない
  4. 収入:世帯の月収は1万人民元以上、近年、購入層の平均所得は下がる傾向にあります
  5. 家庭状况:既婚者が多い
  6. 性别:男女比4/6,女性ユーザーがやや多い,男性の客単価が高い
  7. 使用端末:モバイル端末、取引額は50%以上
  8. 規模:3,600万人
  9. ユーザーニーズ:安全性、品質、価格、中国にないもの
  10. 商品種類:一般用品70%,非一般用品30%,人気商品の特徴は明確ではない
    1. 既婚者(30代中心):ベビー用品、栄養食品、化粧品、衣類、インテリア
    2. 未婚者(20代中心):おやつ、衣類、栄養食品
    3. 女性:ベビー用品、化粧品、おやつ、衣類
    4. 男性:3C商品、腕時計、衣類

越境ECに有利な政策が続々登場

2012年12月 中国の20都市が越境ECのテスト都市になり、政策から運営方式まで検証。 2013年 商務省は、「越境ECの小売輸出に関する支持意見」を発表し、越境ECの検疫、税関での手続きが緩和されました。 2015年3月 中国人民代表大会が『「インターネット+流通」プラン』を発表しました。新しい技術とビジネスモデルが伝統的な物流産業に導入し、越境ECを含めて、すべてのEコマースの物流環境がますます良くなりました。 2015年6月 国務院が「越境ECが快速で健全に発展するための指導意見」を発表し、越境ECの発展を推進しました
123

Ranking

2017年越境EC業態特徴まとめ

  • 中国越境ECノウハウ

中国向けの越境ECには欠かせない、中国に商品を輸出する時にかかる関税まとめ

  • 中国越境ECノウハウ

【中国越境ECニュース】2016年越境ECサービスベスト30

  • 中国越境ECノウハウ

中国越境ECアプリ徹底比較!(2016年9月版)

  • 中国越境ECノウハウ

通販ソリューション展にて当社代表・翁 永飆が特別講演!

  • 中国越境ECノウハウ