ブログ記事

中国越境ECアプリ『ワンドウ』×上海K11 リアルイベント開催

中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform(ワンダフルプラットフォーム)」を運営するInagora(インアゴーラ)株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区、以下当社)は2016年7月1日(金)~4日(月)の4日間にわたり、中国上海のトレンド発信型ショッピングセンター「K11」にて、当社の運営するショッピングアプリ『豌豆公主(ワンドウ)』のブランディングを目的としたリアルイベントを開催いたしました。 5月に上海の伊勢丹「上海梅龍鎮伊勢丹」にて開催したO2Oイベントが好評だったこともあり、今回はさらに規模を拡大させ、出店ブランドの認知度向上と、『豌豆公主(ワンドウ)』そのもののサービス認知度拡大を目的にイベントを行いました。同時に、商品の情報をもっと知りたい、実物を見てみたいといった中国のユーザーからの声にお応えし、タッチアップの機会を創出するという目的もあります。 日本の「夏祭り」をテーマとした会場では、浴衣を着たスタッフがお客様をアテンドし、商品の説明だけではなく日本のライフスタイルそのものをお伝えするなど、まさに『豌豆公主(ワンドウ)』のサービスそのものを実際に体験できる空間を演出しました。伊勢丹イベント時には、『豌豆公主(ワンドウ)』の独占販売商品のみの出展でしたが、今回は幅を広げ日本人が日常に取り入れている和食器や日本食などの商品をラインナップし、中国のお客様が日本の文化に触れられるよう、体験展示のスタイルを採用しました。また、イベントの初日には、日本のはちみつコスメブランド「HACCI」の水谷仁美社長と、「Simplisse」の代表であり美容家でもある山本未奈子さんが中国初となるメディア発表を行い、ブランドや日本のライフスタイルなどを紹介しました。期間中は、中国のKOLによるオンライン中継等も行ったことで、連日多くのマスコミや一般の来場客にお越しいただき、イベントは大盛況のうちに終了いたしました。 今回のようなリアルイベントを開催することで、商品を体験してから安心して購入して頂けることはもちろん、ユーザーがリアルイベントでの体験や感想を『豌豆公主(ワンドウ)』のコミュニティをはじめ、中国のWeibo、WechatなどのSNSに投稿するため、拡散効果が得られる点もメリットとなります。

開催概要

会場:K11 日時:2016年7月1日(金)~2016年7月4日(月) 内容:日本の商品展示、「HACCI」水谷仁美社長・美容家の山本未奈子によるメディア発表会、中国KOLによる生中継 主催:Inagora株式会社

K11について

上海でいま最も人気のある、若い富裕層向けのショッピングセンターです。ハイブランドも数多く出店しており、ファッションや芸術のトレンドを発信し、上海の若者を魅了しています。 https://www.k11kuriosity.com/

『豌豆公主(ワンドウ)』について

2015年8月のリリース以来、ユーザー数は100万、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源吉兆庵、HACCI、Lumielina等と中国における独占代理権を有しております。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたったジャンルの商品を取り揃えております (2016年3月時点) 。2015年11月には中国大手ECプラットフォーム「京東(ジンドン)」や「美麗説HIGO(ハイゴ)」と戦略的業務提携を締結し、『豌豆公主(ワンドウ)』以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができるようになりました。

中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform(ワンダフルプラットフォーム)」について

日本の事業者と中国の消費者を直接結ぶB to B to Cの越境ECプラットフォームです。インアゴーラの運営チームが、翻訳、物流、決済、マーケティング、顧客対応などの全作業を代行するため、日本の事業者は日本の倉庫に商品を発送するだけで、巨大な中国市場に進出することができます。また、日本の事業者と中国人ユーザー双方の様々な需要を柔軟に汲みとるために、「出店」「仕入れ」「独占販売」全ての形態を採用している点も特徴です。

Inagora株式会社は、キングソフト株式会社 代表取締役 翁永飆と、美容家でありMNC New York株式会社 代表 山本未奈子により、2014年12月に設立されました。「ショッピングに国境はない。」という考えのもと、良質な日本製商品をライフスタイル情報とともに提供できる、中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を構築しております。「言葉の壁」「物流問題」「決済問題」という3つの課題全てを解決できるワンストッププラットフォームを通じて、ブランドストーリーや口コミによるユーザー評価、商品の使い方やライフスタイル提案等の「情報」とともに「モノ」を越境させ、中国人ユーザーに良質な日本製商品を提供し続けて参ります。

■越境ECアプリ「豌豆公主」について

中国の20~30代の富裕層女性をターゲットに、食品・日用品だけでなく、ファッション・美容品等の良質な日本製商品を、最新のライフスタイル情報とともに提供する、”情報発信型”越境ECサービスです。 2015年8月のリリース以来、ユーザー数は80万、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源吉兆庵、uka、HACCI、 Lumielina等の10社以上の中国における独占販売代理権を有しております(2016年1月時点)。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや 美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたるジャンルの商品を取り揃えております。 2015年11月には中国大手ECプラットフォーム「京東」や「美麗説HIGO」と戦略的業務提携を締結し、『豌豆公主』以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができるようになりました。 また、越境ECアプリ「豌豆公主」を運営するInagora株式会社主催 「越境ECセミナー」の開催を準備中です。

アプリの詳しい紹介はこちら

     

Ranking

2017年越境EC業態特徴まとめ

  • 中国越境ECノウハウ

中国向けの越境ECには欠かせない、中国に商品を輸出する時にかかる関税まとめ

  • 中国越境ECノウハウ

【中国越境ECニュース】2016年越境ECサービスベスト30

  • 中国越境ECノウハウ

中国越境ECアプリ徹底比較!(2016年9月版)

  • 中国越境ECノウハウ

通販ソリューション展にて当社代表・翁 永飆が特別講演!

  • 中国越境ECノウハウ
     

カテゴリー