ブログ記事

中国で始まった越境ECの新税収制度。日本企業への影響は?

中国の財政部は越境ECに関する税制度改革を断行し、4月8日から新たな制度をスタートしました。制度改革の中身は、中国の消費者が越境ECサイトで商品を購入した場合、しっかり税金を徴収することを宣言したものです。商品によっては実質増税になったり、減税になるケースがあります。

新制度には、中国政府自身が越境ECという新たなビジネスを活用し、税関の検閲がきちんと届く範囲内で暫定的に海外商品を国内に流通させる仕組みを提供するという側面があります。つまり、中国政府が「越境ECに力を入れていきます」と宣言したと前向きに捉えるべきです。4月8日から始まった中国越境ECの税制度を解説します。

越境EC税制変更の6ポイント

1.1度の購入金額上限は2000元までに引き上げる(現状は1000元)
2.1人の年間購入金額の上限は2万元(現状通り)
3.購入金額の上限以下の購入商品に関し関税率は0%にする。ただし、上限金額を超える場合は、一般貿易と同じ税率を適用する
4.輸入に関する増値税を30%減額し、全てに適用(増値税17%×70%=11.9%)
5.消費税がかかる場合(商品によっては消費税がかかるケースがある)、30%減額で適用する(消費税30%の商品の場合、30%×70%=21%)
6.行郵税を廃止し、現状の個人輸入関税50元までの免税措置を廃止

新制度を理解するために現状の運用状況を説明します。

「行郵税」「増値税」……主に中国では物販(海外からの輸入)において下記の税金が発生します。

税の種類 内容
関税 中国に輸入される商品に対して中国政府より課せられる税金。いわゆる一般的な関税です。
増値税 流通段階で商品に対して課税される税金です。日本でいう消費税に当たるものになります。増値税は基本税率が17%となっています。(生活インフラの穀物、食用油等の特定の品目への増値税には低減税率13%が適用されます。)
消費税 特定の嗜好品や贅沢品に対して、工場出荷時か輸入時に課税される税金です。品目によって3%~45%が課税されます。ちなみに、越境ECなどで売れ筋のカテゴリである化粧品は30%の消費税がかかります。日本の酒税などに類似する、一部の「贅沢品」だけにかかる特別税です。
行郵税 個人携帯輸入物品(個人が海外から買ってきたもの)や個人輸入郵送品(個人輸入したもの)に対して課税される税金です。商品ジャンルにより10%~50%が課税されます。今の越境ECではこの行郵税が課税の基本となっています。

越境ECの新たな制度は実質的に増税?減税?

「行郵税」が廃止され、免税範囲がなくなることが大きな変更点となります。

「行郵税」率が20%のアパレル、ファッション、電化製品など ⇒ 250元以上の商品(直近レートで約4300円以上の商品)は実質減税

「行郵税」率の高い(50%)の化粧品類  ⇒ 100元以上の商品(直近レートで約1700円以上の商品)は実質減税

たとえば、従来制度では「行郵税」が適用されない課税金額50元以下の取引について、改正後は値上げとなる可能性が高いでしょう。個人輸入関税50元までの免税措置が廃止され、その分、他の「関税」「増値税」などが適用されます。

一方、上述したアパレルやファッション、化粧品類などは実質減税となります。高額品は納税額が減りますので、中国からの購入が増える可能性がありますね。

中国政府(税関)は、直送による税金逃れを防ぐための解決策として、保税区など越境ECスキームにおける各制度を施行してきました。その仕組みの認知度が上がり、利用企業も拡大。インフラとして完全に定着したこのタイミングで、もともと志向をしていた「海外からの越境ECに対しての全課税」という目的を実行したと思われます。

「行郵税」免税制度(個人輸入関税50元までの免税措置)に関しては、国からの一次的な施策であったため、いずれは全てに課税することになると当初から想定されていました。ただ、導入当初は、その認知度向上と利用率の向上のために、免税制度(行郵税50元以下免税)を提供していた訳です。

あくまで、中国政府の越境ECにおける制度は、「課税を免れる直送モデルおよび、中国で巨大な市場(流通量)となっている代理購入(代購)の排除」であるという立場から考えると、今回の制度によって、今後、直送モデルや保税方式が越境ECの主流から外れることはないと考えられます。

中国は一般貿易における検閲制度・申請制度が大変厳しいことで有名です。この正規通関での海外からの商品流入に対しての検閲・審査基準を下げるのではなく、回避策として、中国政府自身が越境ECという新たなビジネスを活用して、税関の検閲がきちんと届く範囲内で暫定的に海外商品を国内に流通させる仕組みを提供するという側面があります。今後、中国への商品販売の拡大をめざす日本企業は、こうした仕組や中国政府の目的を把握しておく必要があります。

転載:https://netshop.impress.co.jp/node/2808

■「豌豆公主」について

中国の20~30代の富裕層女性をターゲットに、食品・日用品だけでなく、ファッション・美容品等の良質な日本製商品を、最新のライフスタイル情報とともに提供する、”情報発信型”越境ECサービスです。
2015年8月のリリース以来、ユーザー数は80万、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源吉兆庵、uka、HACCI、 Lumielina等の10社以上の中国における独占販売代理権を有しております(2016年1月時点)。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや 美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたるジャンルの商品を取り揃えております。
2015年11月には中国大手ECプラットフォーム「京東」や「美麗説HIGO」と戦略的業務提携を締結し、『豌豆公主』以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することができるようになりました。

     

Ranking

2017年越境EC業態特徴まとめ

  • 中国越境ECノウハウ

中国向けの越境ECには欠かせない、中国に商品を輸出する時にかかる関税まとめ

  • 中国越境ECノウハウ

【中国越境ECニュース】2016年越境ECサービスベスト30

  • 中国越境ECノウハウ

中国越境ECアプリ徹底比較!(2016年9月版)

  • 中国越境ECノウハウ

通販ソリューション展にて当社代表・翁 永飆が特別講演!

  • 中国越境ECノウハウ
     

カテゴリー